スタッフブログ

2013年10月27日  Category:スタッフブログ

幸伸食品「幸家」の考える社会貢献



 

syakaikoukenn

社名の通り『幸せを伸ばす』が使命の幸伸食品。豆腐づくり、ごまどうふづくりを通じ、社会貢献活動に取り組んでいます。 幸伸食品の考える社会貢献とは

幸伸食品の社会貢献の歴史 阪神大震災炊き出し
幸伸食品の社会貢献の原点が、1995年2月の阪神大震災の時に行った『豆腐の炊き出し』たった5人の会社でしたが、全社員が命がけで出向き、神戸市の魚崎小学校で大きな鉄鍋を使った豆腐の炊き出しを行いました。

幸伸食品の社会貢献 阪神大震災炊き出し写真1 幸伸食品の社会貢献 阪神大震災炊き出し写真2

高齢者向け商品開発

 

高齢化社会の今、普通に食事を摂る事に不自由を感じる方が年々増えています。

特に「噛む力の低下」や「飲み込む動作の障害」が、大きな社会問題にもなっています。

私たちは、豆腐づくり・胡麻豆腐づくりで培った『大豆』『ごま』の加工技術を基に、

高齢者の食事摂取のお役に立てる食品を、「大学」「公的研究機関」「病院」との共同研究を積極的に取り組み、商品開発と実験の繰り返しを行っております。

幸伸食品の社会貢献 研究開発飯田 幸伸食品の社会貢献 研究開発あつよ

 

幸伸食品の社会貢献 食育
地域に伝わる素晴らしい日本の伝統食。私たちの福井県永平寺町は、永平寺のお膝元であり、

『精進料理のふるさと』と呼ばれています。

その中でも、ごまどうふが特に有名で、福井県内の子供たちの学校給食としてごまどうふを提供し、また永平寺町内の小中学校へ出向き、豆腐・ごまどうふ作りの授業や、工場やお店に来ていただき体験学習をする受け入れも毎年行っております。

 

小学生工場見学 小学生1 小学生工場見学 小学生2
小学生工場見学 小学生3 小学生工場見学 小学生4
小学生工場見学 小学生5 小学生工場見学 小学生6

 

工場見学 明成高校生 工場見学 明成高校生2
工場見学 明成高校生3 工場見学 明成高校生4
koukouseitegami3
koukouseitegami2
IMG_0244

0731kensyuu

幸伸食品 職場体験感想文1

幸伸食品 職場体験感想文2

体験学習問合せ

幸伸食品の社会貢献 TFT

 

ありがとうございます。10000食の寄付ができました。(2013.08.01現在)

幸伸食品の社会貢献 TFT2

 

幸伸食品の社会貢献 TFT3

 

幸伸食品の社会貢献 環境問題

エコカップ

刺身や肉のトレーを回収し、そこから再生したプラスチックの約40%を

ごまどうふの容器に再利用しています

おからの再利用

豆腐づくりでは毎日大量のおからが廃棄物として出ます。

おからは腐りやすく再利用が難しいですが、栄養価も高く残っています。

私たちは、廃棄するものを何とか食べられる状態にして利用するという

発想ではなく、手間と工夫によって、美味しく食べられる付加価値商品

として、料理やお菓子の材料に再利用を進めています。

 

幸伸食品の社会貢献 環境問題 おから 幸伸食品の社会貢献 環境問題 エコカップ

2013年10月26日  Category:スタッフブログ

幸家紹介(英語版)

Our company was founded in 1977 in Eiheiji, Fukui Prefecture,
place famous for its inhabitants’ healthy lifestyle and longevity.
We take pride in our top-class tofu production,
including its top rated sesame tofu which holds a large share in the Japanese market ,
and our restaurant “SACHIYA” located near the Eiheiji temple.
(*Sesame tofu; a total of more than 40 million portions shipped.)

We are well-known for our capabilities when it comes to creating strong tofu,
and sesame-based products.

Our flagship product is our “sesame tofu”, a famous Eiheiji specialty.
We also have innovative tofu products based on traditional Buddhist “shoujin cooking”
and traditional tofu cuisine, as well as soymilk sweets.

We use groundwater drawn from the Hakusan mountain ,
and all of our carefully selected ingredients are of the highest quality,
allowing our consumers to enjoy our products with peace of mind.

Certification
For 9 consecutive years (for a total of 10 times),
we have won awards at the Japanese Agriculture Ministry’s “Hometown Food Contest”.
Our “soymilk chocolate” has been awarded the Minister of Agriculture’s special prize.
Our “sesame tofu” won an award at the Monde Selection 2012.
We have been ISO22000-certified since 2007.

About Sesame tofu
Ordinary sesame tofu undergoes retort sterilization which gives it a hard, powdery substance.
Our product is processed with as little heat as possible,leaving a smooth, sticky texture, and just made freshness.
We use a combination of instant heating and CAS special freezing equipment.
(CAS: From merely freezing foods advanced to the technology of reviving tastiness by cells texture alive.)

About Eiheiji
Eiheiji-cho,Fukui with our company is beside the Eiheiji most famous for Japan
the Dogen Zen priest was open about 800years ago as a practice exercise hall of the zen of Japan.
Even now, he is a monk practicing as ceticism. In the traditional style, about 300 persons are continuing severe practice.

About a maigre dish
As one of the practice of the ascetic practice,
the ascetic monk itself is continuing building its meal for about 800years based on an strict rule.
The maigre dish of this Eiheiji is called starting point of a present age Japanese’s eating habits.

The future of a maigre dish
Though severe practice is repeated, without using meat and a fish, it is a meal based on vegetables.
The “ maigre dish ” bome by the view of maintaining nutrional balance and health and valuing a living thing.
It is the cooking method of using a delicious dish by using the ordinary foods which material efficiently to the utmost.

The tofu creation dish of our company
Now of the period of sumptuous lifestyle , as health maintenance, or a diet and the right eating habits ,
also this “maigre dish” serves as a boom, and is improved in Japan.
We have united the maigre dish and the “tofu dish” with newest technology and equipment.
Futhemore, we think that we would like to send original “tofu creation dish” deliciously made healthy to you,
as next Japanese meal culture in the world.
 

High Quality Japanese Food

Sesame Tofu For Vegetarian

famous vegetarian food in Japan

Homemade-style texture.

Low in calories and healthy.

Monde Selection Award recipient.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

We are located in Eiheiji, Fukui prefecture —

the birthplace of Buddhist vegetarian cuisine.

Goma tofu is one of our most famous local dishes.
Our company’s theme is "health and happiness."

Factory appearance

honsya

http://www.sachi-ya.jp

Over 40 million domestic sales. Used in numerous traditional, sushi,

and natural food restaurants.
The goma tofu production line is ISO22000 certified.

2012 Monde Selection Award

20120905_monde

Size: 68mm x 45mm x 23mm
Weight: 65g
Ingredients: starch, sesame batter, yoshinoya kudzu,thickening agent

Ingredients (kudzu starch & sesame batter)

kuzugoma

Filling process of sesame tofu 

gomajyuten

Use:

A Traditional Japanese dish. Can be used as a dessert sauce similar to
Western-style pudding.

Served on a dish (miso sauce) 

20121006_gomaup02

Served on a dish (blueberries)

buleberry01

Quality:

Ordinary goma tofu undergoes retort sterilization which gives it a hard,
powdery substance.

Our product is processed with as little heat as possible, leaving a smooth,

sticky texture, and just made freshness.

gomatofusize

Facilities:

We use a combination of instant heating and CAS special freezing equipment.

Specialized freezing equipment (CAS)

casfreezer01

Corperate Profile

Establishment             July,1977

President             Hiroshi Kubo

Capital               10million yen

The number of employees    30 persons

map

Business Activity

Food manufacture and sales of tofu,sesame tofu,and a daily dish

The tofu creation dish in a restaurant"SACHIYA",sale of goods

Place of business

Head office factory

Direct management restaurant

20121016_sachiyasakura

Our restaurant SACHIYA

DSC_5489

Main customer

A depertment store, a co-op,a market,a volume retailer,a food trading company,amail order company

Corporate Strategy

The maigre dish and tofu dish of gastronomic culture unique to Japan are united.

The healthy creation dish based on beans and vegetable are proposed.

We would like to spread Japanese meal all over the world.

A healthy function is made to give a food.

Development of the product which is useful for daily healthy eating habits.

The company which contributes to the ability of elderly people to become fine.

Production of a product which feels at ease.

Show scenery

ozon03

About Eiheiji and a maigre dish

About Eiheiji

Eiheiji-cho,Fukui with our company is beside the Eiheiji most famous for Japan the Dogen Zen priest was open about

800years ago as a practice exercise hall of the first zen of Japan.

Even now,he is a monk practicing asceticism. In the traditional style, about 300 persons are continuing severe practice.

eiheiji01

About a maigre dish

As one of the practice of the ascetic practice,the ascetic monk itself is continuing buildding its meal for about 800 years

based on an original strict rule.

The maigre dish of this Eiheiji is called stathing point of a present age Japanese’s eating habits.

The feature of a maigre dish

Though severe practice is repeated,without using meat and a fish,it is a meal based on vegetables.

The "maigre dish"borne by the view of maintaining nutrional balance and health and valuing a living thing.

It is the cooking method of using a delicious dish by using the ordinary foods which material effciently to the utmost.

The tofu creation dish of our company

Now of the period of sumptuous lifestyle,as health maintenance, or a diet and the right eating habits,also,this "maigre dish"

serves as a boom,and is improved,in Japan.

We have united the maigre dish and the "tofu dish" with newest technology and equipment.

Furthermore,we think that we would like to send original "tofu creation dish" deliciously made healthy to you, as next

Japanese meal culture in the world.
tofuryouri01

2013年10月25日  Category:スタッフブログ

ごまどうふプラスと嚥下障害

こんにちは、ズーミーです。今日はごまどうふプラスの案内とともに嚥下(えんげ)について少しお話したいと思います。

すこし難しいですが、ごまどうふプラスが冷凍での長期保管以外にも魅力がたっぷり!

特に嚥下障害で困っている方の役に立てれば幸いです。

 

 

嚥下障害

嚥下障害とはあまり知られていませんが、後期高齢者の30患っている病気です。

日本においても500万人もの人がこの問題を抱えています。

がん、心疾患、脳卒中に次ぐ、原因死亡率4に位置する肺炎

 

その主な原因は嚥下障害による嚥下性肺炎です。

嚥下障害になると食べられるものが限られてきます。

食事は生活するうえで楽しみの1つのはずです。

嚥下障害になると楽しみの1つが奪われてしまうわけですから、

 今からでも予防していても遅くはありません。

また、脳卒中などの病気により急に嚥下障害になった場合、

食事によるリハビリが行われます。

その場合リハビリが楽しみになるようなおいしい食べ物が必要となります。

 

嚥下とは

食物を認識して口に取り込むことに始まり、胃に至るまでの一連の過程を指す。

ヒトの摂食・嚥下は現在、以下のような5期に分けて説明されている

先行期 認知期ともいわれ、これから摂食する食物の性状を認知することにより、食べ方・唾液分泌・姿勢といった摂食に必要な準備を整える時期。
準備期 食物を口腔に取り込み、歯で咀嚼して飲み込みやすい大きさの塊(食塊)を形成する時期。
口腔期 嚥下第1期ともよばれる。随意運動(意識して止められる運動)であり、食塊を舌によって咽頭への送り込む時期。
咽頭期 嚥下第2期ともよばれ、これ以降は不随意運動(意識して止められない運動)となる。 舌尖(舌の先端)が持ち上がり、食塊が咽頭に達すると嚥下反射が生じて、極めて短時間(約1秒)の間に以下の一連の動きを行う。・軟口蓋が挙上して鼻腔と咽頭の間を塞ぐ(鼻咽腔閉鎖)・舌骨・喉頭が挙上し、食塊が咽頭を通過する・喉頭蓋が下方に反転し、気管の入口を塞ぐ・一時的に呼吸が停止する(喉頭前庭・声門閉鎖)

・咽頭が収縮し、食道入口部が開大する(輪状咽頭筋の弛緩)食道期嚥下第3期ともいう。食道壁の蠕動運動が誘発され、食塊が食道入口部から胃へと送り込まれる。輪状咽頭筋は収縮し、食塊が逆流しないように食道入口部が閉鎖される。舌骨、喉頭、喉頭蓋は安静時の状態に戻る。

これらの過程のどこかがうまくいかないことを嚥下障害という

 

嚥下障害の原因

器質的原因 先天異常、老化、外傷による舌と咽頭の構造の傷害
機能的原因 脳卒中、パーキンソン病など筋肉や神経への傷害
心理的原因 ストレスなど心理状態によって食べられない状態になること

 

嚥下と食事

食事の楽しみ

嚥下障害になると食事をすることが困難になり、食事の量が不足することによる脱水症や栄養失調、

誤嚥による肺炎など大きな病気を引き起こす可能性があります。

食事をすることは栄養素を摂取するだけでなく、生きていく上での楽しみの一つです。

飲み込みが困難な人が楽しく食事をするには工夫が必要です。

嚥下に良い食事

飲み込みが困難な方は食物にトロミを持たすことで食事がしやすくなります。

例えば、ゼリーは病院での看護食として使用されています。

摂食訓練

sessyoku

嚥下障害になった後は食事によってリハビリを行い回復を目指す。

 

ごまどうふプラス

ごまどうふプラスとは

大学と共同研究を重ねバイオ技術を用いて作った成分を加えて

進化させたごまどうふ

また、新しい冷凍技術を使用することで長期保存が可能となった。

 

ごまどうふプラスの成分

engegoma


ごまどうふに含まれているものは

・アンチエイジングに欠かせない抗酸化作用をもつ         セサミン

・体によい植物性たんぱく質

・生きていく上で欠かせない必須アミノ

・白いダイヤと呼ばれる葛

このごまどうふに追加されるのが

・脳や筋肉の疲労回復を持つといわれる                大豆ペプチド

・コレステロールの上昇を抑えるイソフラボン

これらの様々な効果を持つ植物成分が含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごまどうふプラスの商品ページはこちら

共同研究

動物試験による結果

静岡工業技術研究所での動物試験においてごまどうふプラスに添加した

原料を餌に混ぜることで以下の結果が見られました。

doubutusiken

嚥下障害を起こしたラットの嚥下回数が正常なラットの回数まで回復しました。

臨床実験

福井県済生会病院において、脳卒中になった患者さんのリハビリにおいて、

通常の食事をごまどうふプラスに変えることで嚥下機能の回復が早くなるという結果が得られました。

rinsyou
リハビリ食をごまどうふプラスにしたところ、回復日数が約半月早くなりました。

▲ページ先頭へ

2013年10月01日  Category:スタッフブログ , おせちについて

幸家の精進おせちについて!

こんにちは、ズーミーです。

今日は昨年も好評だったおせちの各商品のご紹介です。

料理長のお勧めとは全く関係のない私個人の意見を書いてみたいと思います…

数の子のジュノベーゼ

数の子ジュノベーゼ

これが1番好きです。ここ数年ワインをよく飲むようになってから、正月にもスパークリングがでるようになってきました。最初の乾杯はスパークリング、そしてそのあとは日本酒を飲むんですが、、、
この数の子は本当にワインに合う!祖母さんがつくる醤油でつけた数の子も旨いんですが、このイタリアン風に味付けされた数の子もサイコ―に旨いです。

湯葉と椎茸の佃煮

湯葉の佃煮

私が幸家に行く度にコソコソと盗み食いするランキング堂々1位の湯葉の佃煮。
味付けの勝利とも言えるでしょう、甘辛いだしが湯葉によく滲みて山椒の香りがグッド。これだけで本当にご飯が2杯は軽く食べれるんだから、酒の肴には最高なのは間違いありません(笑)

丹波黒豆、ゆばとろムース

湯葉とろムース

デザートで甘いムースなのに苦い思い出のある料理です、、、
あれは今年のお正月、じいさんばあさんらと子供ら家族みんなで楽しくご飯を食べていた時の事でした。
ガンガン飲んでいた私が後で食べようと楽しみに置いておいた、ゆばとろムースちゃんを、な、なんと嫁が勝手に息子ナオタローに食べさせているではありませんか!気づいた時には残りあと一口という状況に、酔っぱらった私はナオタローに大人げないほどにブチ切れしてしまい、ギャーギャー泣き叫ぶ息子、それを見て下の子も泣き出し、嫁が私にキーキーと騒ぎ立て、じいさんばあさんの私に対する冷たい目線、、、それはそれは完全アウェーな食卓をつくってしまいました。
ホントに楽しみにしてたんだもん、、、ごめんよナオタロー君。今年は半分づつしよーね。

幸家のおせちは、幸せなお正月を迎えるために作っていますが、あまりの美味しさに、

我が家のような奪い合いにならないようにしましょう(苦笑)

  • ごまどうふ
  • ギフトセット
  • 豆腐
  • 豆腐創作料理
  • スイーツ
  • その他

定期購入

ご利用案内  ― 購入手続方法 ―

■お支払いについて

お支払いは以下の方法がご選択いただけます。

支払い方法

詳しくはこちら>>

■個人情報について

お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、 裁判所・警察機関等・公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

■お支払いについて

銀行振込・コンビニ決済の場合、ご入金確認日の翌営業日から3営業日以内に発送いたします。
カード・代引決済の場合、ご注文日の翌営業日から3営業日以内に発送いたします。

※大雪、台風などの天候状況により、運送に遅れが生じる可能性がございます。
遅れの状況は、発送連絡メールの伝票番号を使って運送会社にお問い合せ頂くか、当店までお問い合わせください。

■返品交換について

お届けの商品がご注文の商品と異なった場合、商品到着から2営業日以内にメールにてご連絡ください。
送料弊社負担にてすみやかにお取り替えいたします。
ご返金にて対応させていただく場合、対応決定から2営業日以内にご指定の口座へ返金させていただきます。

詳しくはこちら>>

■配送料について

送料は都道府県別に設定しております。
12,000円以上お買い上げで送料無料!

詳しくはこちら>>

■納期について

ヤマト運輸でお届けします。
ご指定時間帯に配達するよう運送会社に指示いたします。

ページの上に戻る