メールマガジンバックナンバー

2014年04月25日  Category:メルマガバックナンバー

他人のために、●●●●●を使えると幸せ

■■■さん、こんにちは。
とある名言に衝撃を受け、心を惹かれた、野村です。
「逆へ行くんだ。
みんな他人の目を気にしすぎてる。
そして誰かと比較して落ち込んでる。

不幸の90%は誰かと比較してるから生まれるらしい。
だから逆へ行くんだ。」
続きは、編集後記にて。
きょうも、幸家の思いに繋がるエピソードを。
お届けさせて頂きます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
他人のために、●●●●●を使えると幸せ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
幸せは香水のようなもの。
他人にふりかけようとすると、自分にも2、3滴ふりかかる。

by レオ・バスカーリア (アメリカ哲学者)

■■■さん、幸家の野村です。

突然ですが、質問です。
Q:人生で一番欲しい贈り物は?
…と聞かれたら、、、

■■■さんは、何とお答えになるでしょうか。

もし、「幸せ」を贈られたとしたら、嬉しいですよね。

では、どうしたら幸せになれるのかという話になるのですが、

ぼくは”人の為に時間を使えること”ではないかと思います。
それも、大切な人に自分の時間を使えることが幸せ。

そして名言にあるように、他人に香水をふりかける
(時間をつかう)と、幸せのお裾分けがくる。

自分も幸せになれるんですよね。

私ごとになりますが、
何年か前に、我が家に子供が生まれました(照)。

子どもをもって実感したのが
「自分の時間がない」ということ。
特に、生まれて間もない子どもには、
うちの妻は、自分の全時間をあてがってきました。
ぼくも、色々な行動が制限されましたし。
最初は何でこんなにも自分の時間がないの!
何でこんなにも

と、妻と現状を嘆くこともあったのですが、
この大変な育児の時間も

贈り物(プレゼント)

であると思えるようになってきました。。

自分の子どもを通して、いかに親から
色んなものをプレゼントしてもらってきたかを
感じることが出来たからです。

物の名前を知っている
言葉を話せる
トイレの仕方を知っている
…例をあげればキリがありませんが、
いま当たり前に生活している全てが、
親が時間をかけて私たちに授けてくれたもの。

子どもを持たなければ、ぼくには理解できませんでした。

大切な人の為に時間が使える。

そんな人がいる。
親への感謝は、30も半ばを過ぎて、
年を経るごとに強くなってきますね。
母の日も近いので、そろそろ母へのプレゼントを
考えようと計画中です。

幸家のギフトセットを贈ることは決まっているので(笑)、
あとは、どう贈るといいかな〜なんて考えていますね。

▼幸家のギフトセット
http://www.sachi-ya.jp/csc/a/gift.html

もちろん、母親だけに限らず誰のために時間を使うことは
ものすごく幸せで尊いことだとも同時に思うわけですが。^^

そうやって、誰かに何かを考える時間。
その時間が、幸せだなぁ・・・。

本当に「幸せは香水のようなもの」だと思う、
今日この頃です。

PS.
あ、妻にも感謝していますよ(笑)。
ほんと、心から。^^
※お得意さまである■■■さんには
これからも芯をぶらさずに、幸家の想いをお伝えしたいです。
このコーナーは特に、暑苦しい想いもあるかもしれません(笑)。
お客さまと同じ方向を向いて、長く歩んで参る所存です。
どうぞ、末永くよろしくお願いします。m(_ _)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お得意さまのお便りコーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お得意さまのお便りコーナー。

きょうは、ゴールデンウィーク直前ということもあり、
我が「幸家」実店舗にご来店頂いたお得意さまの声を
何名さまか、お届けいたします。
▼一人目のお得意さま

【三重県:岡〇さま】
昨日は、三重からのお客様で
いつも幸家に来るだけにわざわざ来られる
岡〇様ご来店いただきました。

いつものようにお豆腐類をごっそりと
お買い上げいただきました。
シューケースの中はスッカラカン。

お土産に三重の名物赤福まで頂きました。
ありがたく社員で頂きました。

また、お会いできる日を楽しみにしております。”
▼二人目のお得意さま

【岐阜県:Tさま】
(2013年11月4日のお得意さまメモより)
11月に入り、3連休ということで
幸家には非常にたくさんのお客様にご来店頂きました。

ありがとうございます。
十六夜御膳と精進御膳をお召し上がりいただいた
お客さまより、嬉しいお声を頂きました!
> 素材の味を活かしつつ、味付けもしっかり
> されていて、とても美味しかったです。
>
> ごま豆腐も絶品でした。
>
> 妻が妊婦でしたが、接客の方の心遣いに
> 大変感動していました。
とてもとても嬉しいです。
店舗接客担当の者に、確認いたしました。

奥様にお過ごし頂きやすいよう、
ご案内させて頂く席やお声がけ確認に
気を配らせておもてなしさせて頂いたとのことでした。
接客の者の対応は、幸家側で心を込めさせて頂くとして。

お客さま側にも、心遣いを感じ入るお心が
おありだということで、我々も非常に嬉しいです。

お心の豊かなお客さまが多く、たいへん幸せです。
本当にありがとうございます。
▼三人目のお得意さま

【石川県加賀市:N.Kさま】
(ある日のお得意さまメモより)
加賀にお住いの常連さんが昨日も来てくださいました。

> 久しぶりにおいしいお豆腐を
> 食べさせていただきました。
>
> いつものように少ない量で
> たくさんの種類のお料理、
> たいへん美味しかったです。
嬉しいお言葉をいただきました。
幸家の供しますお料理、一品一品は少ない量です。
そして、品数は多い。

ひとつひとつ、趣向を効かせて作っております。
ご来店された何人かで談笑しながら、
ゆったりとお食事されることで、
不思議とお腹と心が満たされる。
このようなお声を、今まで何度となく
お得意さまから頂きました。

嬉しいかぎりであります。
これからも、みなさんにおいしいお料理を
召し上がっていただけるよう努力して参ります。
▼四人目のお得意さま

【福井県敦賀市:若大将(仮名)さま】
(ある日のメモより)
先日奥様の紹介でいらっしゃったお客様。
> 体にやさしいお料理、おいしくいただきました。
> ありがとうございます。
と嬉しいお声を頂きました。
こちらこそ、ありがとうございました。
今週から幸家はご予約のお客様が増えて参ります。
お越しいただく際は、お先にご予約頂くのが確実です。

★お食事のご予約

(0776)63−1167

※営業時間:10:00〜16:00
「メールマガジンを見て予約したいのですが」

をお忘れなく〜。^^
▼リニューアルした、幸家アンテナショップ
http://www.sachi-ya.jp/csc/a/sachiyacom.html

※福井県永平寺町、幸家の実店舗ホームページです。^^

みなさま、ありがとうございました。

よろしければ、またメールくださいね。
感謝します。m(_ _)m
※あなたのお便り、待ってます。^^

「幸家お得意さま通信」では、読者さんのお便りを待っています。
ラジオ番組に投稿するつもりで、お気軽にお便りお寄せ下さい。
(それほど大げさじゃないですが(笑))

お便りを送るのは、簡単です。
お手元に届いたこのメールに返信して頂くだけで、野村に届きます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
疑問・質問、「おいしい!」の声、近況報告、身の回りのこと…。
何でも結構です。

何なら、幸家や幸家商品に関係ないことでもOKです(笑)。
「お得意さまのことを、もっと知りたいな〜」という想いがあります。^^

■■■さんのお便り、お待ちしています。

こちらにメール頂いても届きますよ♪ mm@sachi-ya.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■さん、

メルマガ執筆担当の、幸家の野村です。
「逆へ行くんだ」の件。
ひすいこたろうさん、というコピーライター・作家の方が
とあるところで書かれていた、下記の文章。
レボリューション=革命 の語源らしいです。

いやあ、これ名言だよなあ、と思い
お得意さまにシェアさせて頂こうと思いました。
それでは、全文抜粋します。

(抜粋ここから)
「逆へ行くんだ。
みんな他人の目を気にしすぎてる。
そして誰かと比較して落ち込んでる。

不幸の90%は誰かと比較してるから生まれるらしい。
だから逆へ行くんだ。

人の目じゃなくて、

自分の本心を気にして生きて行くんだ。
逆へ行くんだ。
みんな自分さえよくなればいいと思ってる。
だから逆へ行くんだ。

みんなが良くなる方へ行くんだ。
逆へ行くんだ。
みんな効率を求めている。

だから身体にどれだけ害があろうが農薬を使うし、
化学物質だって食品添加物だって使う。

しかし、お金を求めて効率を優先して
辿り着いた先が環境破壊だ。

そして健康を害して寿命を縮めてる。
お金のために幸せを捨てている。
だから、逆へ行くんだ。

効率ではなく、幸福を求める。
やり方じゃなくて、あり方を大切にするんだ。
逆へ行くんだ。
みんなあれが足りない、これが足りないって
足りないところばかり気にしている。
だから逆へ行くんだ。

あれもある、これもあると、
あるものを見ていくんだ。
「革命」(revolution)

その語源は、「逆回転をすること」
「re(後ろへ)」+「volve(回転する)」+「tion(動作)」
=「逆回転をすること」
=================================
●というわけで……3秒セラピー

愛をもって
逆へ行け。
=================================
「Revolution」(革命)という言葉には
「evol」という言葉が隠れています。

「evol」、逆回転させると、
「love」

Revolutionのなかには
Loveが隠れていたんです。
ひすいこたろうでした(^^♪
hisuikotaro@hotmail.co.jp

▲▲▲アリガ島▲▲▲
語源、英語解読 アイコ・マクレーン先生
(抜粋ここまで 参考:ひすいこたろう「3秒セラピー」)
愛をもって、逆を行く。

何かと世知辛い世の中ですが、
自分の良心や理性をなるべくコントロールして
逆を行きたいと感銘を受けた、野村でした。

それにしても…締めの「Love」が秀逸すぎる…(汗)。

何事も、心の持ちよう、考えかた受け取りかた次第。

■■■さんは、
最近読んだ記事やコラムなどで、心に響いたものはありますか?

もしあったら、ぜひ教えて下さいね。^^ m(_ _)m

2014年04月19日  Category:メルマガバックナンバー

○○が新しくなりました。#戦隊モノにまつわるアレコレ

■■■さん、こんにちは。
休日は、まだ小さな子供と一緒に
戦隊モノのテレビを見るのが好きな、野村です。

○○レンジャーとか、○○マンみたいなやつです。
子供が見たい!見たい!と騒ぐので
渋々ながら見せていたのですが、
なかなかどうして、大人が見ても得られるものがあったのです。^^
続きは、編集後記にて。
きょうも、幸家の思いに繋がるエピソードを。
お届けさせて頂きます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
幸家のホームページをリニューアル致しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■さん、

野村です。

きょうは、新しいホームページができましたので、
お得意さまである■■■さんに
どうしても×2、見せたくなって、ご紹介です。
たまには、嬉しくて嬉しくて嬉しすぎて、
押し付けがましくなっちゃっても、ご容赦ください。笑

m(_ _)m

新しいホームページは、
「永平寺 禅どうふの郷 幸家 〜小高い丘にたたずむ 豆腐創作料理専門店」
と題された、幸家アンテナショップのホームページです。
幸家の本社、有限会社幸伸食品のほど近くにある、
食事とお土産を提供させて頂いているお店。
何度も打ち合わせを重ね、キレイで見やすいページにリニューアルしました。

時代に合わせ、スマートフォンからも見やすく、
遠方から来られたお客さまが辿り着きやすいようにも設計されています。
華やぎと雅びな雰囲気が出ていて、個人的にはとても気に入っています。

このホームページを見て頂き、暖かくなったゴールデンウィークあたりに
お越し頂けることあったとしたら、最高に嬉しいですー。^^

ぜひ、いちどご覧下さい。

▼新しい幸家アンテナショップ(福井県永平寺町)のホームページ
http://www.sachi-ya.jp/csc/a/sachiyacom.html
※お得意さまである■■■さんには
これからも芯をぶらさずに、幸家の想いをお伝えしたいです。
このコーナーは特に、暑苦しい想いもあるかもしれません(笑)。
お客さまと同じ方向を向いて、長く歩んで参る所存です。
どうぞ、末永くよろしくお願いします。m(_ _)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お得意さまのお便りコーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お得意様のお便りコーナー。

きょうは、新しいホームページができたとご紹介させて頂いた、
幸家アンテナショップ(レストラン・ギフトショップ)に
ご来店頂いたお得意さまたちのお声を、お届けします。
どのお声も、ワクワク嬉しくなるお声ばかりです。^^
ありがとうございます。m(_ _)m
▼一人目のお得意さま

【京都府:Oさま】
京都から 定期的にご来店いただいている
O様夫婦御一行が来店いただきました。

最近、いつ来てくれるか楽しみにしていたところに
「今から行くよ」とお電話いただき本当にうれしかったです。

次回は、8月に来て頂けるとのお言葉も
最高にうれしかったです。
▼二人目のお得意さま

【静岡県からのお客さま】
本日、静岡から来られたお客様で
いつもは富士山の雪解け水を飲まれているお客様がいらっしゃいました。

ここの白山のお水はどうですか?とお尋ねさせていただくと
「とてもまろやかでおいしい軟水ですね。」と
お褒めの言葉を頂きました。ありがとうございます。
▼三人目のお得意さま

【福井県福井市:Sさま】
福井新聞での記事をご覧になって来ていただいた
福井市のS様。

ダイエット御膳を召し上がられ
「見た目以上におなか一杯!
いろんな味を楽しめてとても美味しかった」
とご満足そうでした。
▼四人目のお得意さま

【北海道夕張市:Iさま】
北海道夕張市より お寺の檀家さん17名様御一行
大本山「永平寺」にご参拝に来られました。

お寺では、3日間宿泊されるそうで
幸家によっていただきお土産等を買っていただきました。

昨年もいらっしてくださり感謝しております。

永平寺 曹洞宗は、北海道、東北、中部、九州長崎
と全国に檀家の方がおられます。

毎年、秋の時期に全国からたくさんの方がお見えになります。
みなさま、嬉しいお声をありがとうございました。
感謝します。m(_ _)m
※これらのお声、全容や写真などは
http://www.sachi-ya.jp/csc/a/sachiyacom.html

「お客さまの声」コーナーよりご覧いただけます。
※あなたのお便り、待ってます。^^

「幸家お得意さま通信」では、読者さんのお便りを待っています。
ラジオ番組に投稿するつもりで、お気軽にお便りお寄せ下さい。
(それほど大げさじゃないですが(笑))

お便りを送るのは、簡単です。
お手元に届いたこのメールに返信して頂くだけで、野村に届きます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
疑問・質問、「おいしい!」の声、近況報告、身の回りのこと…。
何でも結構です。

何なら、幸家や幸家商品に関係ないことでもOKです(笑)。
「お得意さまのことを、もっと知りたいな〜」という想いがあります。^^

■■■さんのお便り、お待ちしています。

こちらにメール頂いても届きますよ♪ mm@sachi-ya.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■さん、

メルマガ執筆担当の、幸家の野村です。
戦隊モノTV番組の件。

尊敬する経営者の方と食事をさせて頂く機会があった際、
その方に戦隊モノ見ているんですよ〜という話をしました。
そうしたら、その経営者の方がおっしゃられたこと。
学びになったので、シェアします。

「チームを組む時は、ゴレンジャーで!

赤レンジャーが5人いても、
チームはうまく回らない。

ゴレンジャーは五色揃って、
初めて力が発揮できるんだよ。」

ゴレンジャーは30年以上前の戦隊ヒーローなので、
多少、表現は古かったんですが…(笑)、

確かに、戦隊モノは色ごとにキャラクターがあって、
それぞれ個性があります。

そして、その個性が合わさってチームになっている。

赤…リーダー、まとめ役
青…沈着冷静な頭脳派
緑…アクションならお任せ
黄…お笑い担当、ムードメーカー
桃…紅一点、広報担当

例えば、こんな感じです。

そういえば、仕事でも家庭でもチームを組みますが、
さまざまな個性があるから、面白いような…。

色んな力が合わさって相乗効果があるのであって、
みーんな一緒の個性のないチームって、魅力ないよなぁ、など。

そんなことを思ってみたり。

PS.

人間関係って、近しい人でも難しいときもあるし…
かと思えば、思わぬ力を発揮するときもある。
そういう意味では、ほんと面白いと思います。
では、また。
■■■さんのところ、
家庭で、仕事で、地域で。

どんなチームになってますか?
個性的?それとも?

よかったら、どんなことでもいいので聞かせてくださいね。^^

2014年04月10日  Category:メルマガバックナンバー

幸家は、1秒1瞬の時間を大切にしたい。

■■■さん、こんばんは。
勉強熱心と言われて…ものすごーーーーく嬉しかった、野村です。

いや、ほんとーーーーに嬉しかった。(*^-^*)
それでもぼく、おっちょこちょいのところがあります。
先日も、先輩に対してとんでもない失敗をしちゃいました。汗
続きは、編集後記にて。
きょうも、幸家の思いに繋がるエピソードを。
お届けさせて頂きます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
幸家は、1秒1瞬の時間を大切にしたい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■さん、

幸家では「時間」を大事にしております。
という話を、きょうは書かせて頂きます。^^
時間。
タイムイズマネー。などの言葉を出すまでもなく、
時間は、大事です。

この一瞬一瞬、過ぎ去っていく時間そのものも大事ですし…。
誰か、大切な人と過ごす時間も、大事です。
最近、時間の大事さについて感銘を受けた、
とある文章があります。

■■■さんとも共有したい!
勝手ながら、そう思いました(照)。

引用しつつ、記させていただきますね。
(感銘を受けた記事、ここから)----↓↓↓
一年の大切さを知るには、
落第した学生に聞くとよいでしょう。
一ヶ月の大切さを知るには、
未熟児を生んだ母親に聞くとよいでしょう。
一時間の大切さを知るには、
待ち合わせをしている恋人に聞くとよいでしょう。
一分の大切さを知るには、
電車に乗り遅れた人に聞くとよいでしょう。
一秒の大切さを知るには、
たった今、事故を避けることが出来た人に聞くとよいでしょう。
十分の一秒の大切さを知るには、
オリンピックで銀メダルに終わった人に聞くとよいでしょう。
だから、あなたの一瞬一瞬を大切にしましょう。
そして、あなたはその時を大切な誰かと過ごしているのなら、
十分に大事にしましょう。

その人は、あなたの時間を使うのに十分ふさわしい人でしょうから。
そして、時間は誰も待ってくれないということを覚えましょう。
昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。

明日は、まだ分からないのです。
今日は、与えられるものです。

だから、英語では「今」をプレゼント(present)と呼びます。

<著作者不明>
<引用元不明>

記事の引用元:
www.hoku-iryo-u.ac.jp/~amefuto/maximum%20the%20maxim/others2.html
(感銘を受けた記事、ここまで)----↑↑↑
いかがでしょうか。

ぼくは、自分の時間を大切にできているだろうか?
そう自問自答した、気付かせてくれた記事でした。
さらには、幸家の業務のことにも照らし合わせてみました。
・心を込めて、お得意さまのお口に入る料理を作るための時間。

・幸家店舗にて、お得意さまにお過ごし頂く時間。

・幸家オンラインショップで購入されたお得意さまの手元へ、
料理をお届けするまでの時間。
すべての時間を、大事に考える必要があります。
そう思い至りました。

今日は与えられるもの。プレゼント。

時間も大切にして、自分に与えられた今日も大切にして、
今度は自分から誰かに何かを与えることができたらいいなと考えました。
与える、贈る素晴らしさの話にもなりましたね。
また次回以降、そのあたりのエピソードも紹介させて頂きますね。^^
※お得意さまである■■■さんには
これからも芯をぶらさずに、幸家の想いをお伝えしたいです。
このコーナーは特に、暑苦しい想いもあるかもしれません(笑)。
お客さまと同じ方向を向いて、長く歩んで参る所存です。
どうぞ、末永くよろしくお願いします。m(_ _)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お得意さまのお便りコーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お得意様のお便りコーナー。

これまでに頂いたお声で反響の大きかったものを紹介します。
▼一人目のお得意さま

【福井県S市:K田さま】
>メールマガジン担当 野村勇樹 様

>はじめて返信いたします。
>S市のK田と申します。
はじめてのご返信、ありがとうございます。
幸家の野村です。嬉しいです。

>幸屋さんのメルマガ、そこはかとなく
>楽しみに読ませて頂いております。
おおお…。嬉しい…!(感涙)
ありがとうございます。
>また、年に1回程度になってしまうのですが、
>幸屋さんのやさしいお料理を食べたくなり、
>お店にも伺っております。

>(最近ご無沙汰しているので、これを機にまた寄せて頂きますね☆)
これまた嬉しいです。(感涙(2回目(笑)))
これまた、ありがとうございます。 m(_ _)m

>さて、「さくら」のお話、私も以前から興味を持っておりました。
>今回の出典は名前がテーマの本だったということですが、
>その著者が出典しているであろう本がありますので、
>老婆心ながらお知らせいたします。

>幸屋さんにはさらに深い所を掘り下げて頂き、
>何かの糧になれば幸いです。

>その本は、「酒と桜の民族」西岡秀雄著(廃版)ですが、
>5年ほど前にPHP出版から復刻版が出ました。
>「なぜ、日本人は桜の下で酒を飲みたくなるのか?」西岡秀雄著
>民族学の本ですが、読みやすく、
>日本人の深層に触れるお話だと思います。
>ご一読頂ければ、幸いです。

>ちなみに、私は日本酒を販売する酒屋を営んでおります。
>「サケ」の解釈は、サ神(幸を与える神)が、
>里(サト)に命を与えるの象徴がサクラ。

>サクラが咲く頃、種をまく稲。サ神の幸(命)を頂いた稲には、
>生命力が込められている。(コメ)
>そのコメを醸して(神して)造られる酒。
>サ神に祀る食物、であるとともに、
>サ神様と同一になれる神様の尊いサガリモノだったのでしょう。
>私には、酒が神様から与えられた命そのものだと思えます。

>ところでゴマも、尊称の「御」(ゴ)に、「真」(マ)、
>という意味合いがあるのではないでしょうか?
>このあたりも研究してみると、奥が深いかと思われます。

>これからもメルマガ、楽しみにしております。
>今後ともよろしくお願いします。

>S市●町1−●−●  K田
おっしゃるとおり、サクラ、コメ、サケ。
そしてゴマ。

語源を紐解くと、いろいろな意味があるんですね。
ご紹介いただいた本、見つけてみようと思います。
機を見て、知識を深堀りしてみたいです。
K田さま、含蓄のあるお便りメール、ありがとうございました。
▼二人目のお得意さま

【Yさま】

>桜の意味よくわかりました、有難う。
>よく勉強されていますね、私も頑張らなきゃー。
Yさま、今回のメルマガの冒頭は、
Yさまの言葉が嬉しくて書いちゃったものです。笑

あ、「勉強熱心」とは書いていないですね。

まあでも、「よく勉強されていますね」は
勉強熱心だと仰って頂いていると解釈。

いい意味で、調子に乗らせて頂きます。あー嬉しい。^^
▼三人目のお得意さま

【O田さま】

>野村様

>いつも、熱いメルマガありがとうございます。
>楽しく拝見いたしております。
はい、熱いです(照)。

それでも、暑苦しくないよう心がけております(笑)。

>本日受け取りましたメルマガ、言葉の音で読むことに、
>なるほどと思い、さっそく本を購入したいと思いました。
>今後も、このような言葉で遊べる?本がありましたら、
>教えてください。
わあ、ご紹介させて頂いた本をお読みいただけると。
それは、本当に嬉しいことです。ありがとうございます。

また言葉遊び?の本を取り上げられたらいいなと考えています。
好きですので。^^

>幸家さんのスイーツでお伺いしたいことが、
>甘もの好きの知り合いに、豆乳ちょこもちとチョコを
>プレゼントしようかと思っておりますが、
>もし、違う組み合わせ、もしくは、ほかにおすすめございますか。
>プレゼント用に包装などもしていただけるのでしょうか?
>教えてください。
これも嬉しいです。
お問い合わせありがとうございます。

お知り合いの方が甘いもの好きだとしたら、
豆乳チョコもちと豆乳チョコの組み合わせ、とても良いと思います。

2つとも、野村の大好物です。(聞いてないって?笑)
プレゼント用の包装、喜んでさせて頂きますので
ご注文時に、ご遠慮なくご用命くださいませ。
▼豆乳チョコ
http://www.sachi-ya.jp/csc/a/tounyuchoco.html

▼豆乳チョコ餅
http://www.sachi-ya.jp/csc/a/chocomochi.html

>今後も、野村さんのお人柄が感じられるメルマガ
>楽しみにしておりますよ。
とても嬉しいです。

人柄なのかキャラクターなのか変人なのか…汗
自然体で書かせて頂きます。

ありがとうございます。
▼四人目のお得意さま

【AKさま】

>こんばんは
>今日の夕陽、野村さんはご覧になられましたでしょうか?
>光輝き方が半端なく、何かの誕生もしくは復活を
>祝福しているように感じたのは私だけでしょうか?
>実は久しぶりに両親と一緒に暮らすことになりプチ引越しをしました。
>古い服を整理していて、どの服にも温かな(もしくは苦い!)
>思い出がありまして、はからずも自分自身の来し方を
>振り返るきっかけになったんです。

>どの時代の私も「テレビ小説」のヒロインもどき。。。
>(ちょっと一生懸命すぎて赤面することも度々)
>ただそこがいいとも自分ながら思えたのも事実です、自画自賛(照)
メール頂いた日の夕陽、福井県は永平寺の夕陽も、最高でした。
夕陽って、神秘的ですよね。

昔のアイテムを整理していると、その時の気分や想いが
よみがえることって、ありますよね。

そういうのも含めて、時間を大事にしたいって、思います。

みなさま、お便りメールありがとうございました。

よろしければ、またメールくださいね。
感謝します。m(_ _)m
※前回分を読んでない方のために。^^

(前回お届けした桜の語源についての話、ここから)----↓↓↓
■■■さん、

メルマガ執筆担当の、幸家の野村です。

僕の家の前は、いま、桜が満開ですが、

「なぜ桜はさくらと読むのか?」

って知ってました?

このことに関して、最近読んだ

「人生が100倍楽しくなる名前セラピー」という本の中
で、こう触れていましたので、ちょっと紹介しますね。
——————–

50音にはひとつひとつ意味があるとお伝えしましたが、
たとえば「さくら」の「さ」は「幸(さち)」を表します。
古来、日本人は「幸」をもたらす神様が山にいると考えていました。
今でも山の上に神様を祀っているところが多いのは、
そういう理由からです。

その神様が、春になったら山から里に降りてきて、
秋の収穫まで里にいると考えていたのです。
その神様のことを「サの神」「サ神」と呼びました。
そんな「サの神」が山から里に降りてくるのを教えてくれるのが、
「さくら」だったのです。

桜が咲く=「サの神」が里に降りてきた、ということです。
そして、「幸」を運ぶ「サの神」が降りてきたことを
喜ぶ行事がお花見です。
お花見はもともと「神事」だったのです。

「サの神」が里に降りてきてくれたことへの感謝や、
今後受け取るであろう恵み(収穫)に感謝するための儀式でした。

「サの神」が降りてくる道を「さか(坂)」、
その他にも「さかな(肴)」「さら(皿)」など、
お花見にまつわるものには「さ」の言葉を使うものが多いことが、
それを裏づけています。
「さ」は「さっさ」「さっそく」など、
早い動きを意味することだまです。

そして「け」は食べものを示します。
(あさげ、ゆうげというのもその名残です)

つまり、すぐに幸せになる食べもの、
それを「さけ(酒)」と日本人は表現したのです。
また、桜の花はなぜあんなにも早く散るのでしょう?

「サの神」は、みんなにわけるために持ってきた「幸」を
いったん桜の花びらに閉じ込めたのです。

その一枚一枚に。

ですから、桜のそれぞれの花びらには
幸せがギューッと詰まっていると日本人はとらえたのです。
そして、その幸せは、桜が散ることで一斉にあたりに振りまかれます。
みんなに幸せを届けるために、桜は早く散る必要があったのです。

みんなにその幸せを届けるために散り急ぐ。
早く早くみんなに幸せをわけたいから。それが桜なのです。
以上のことから、さちこさんや、さゆりさんなど、
「さ」の名前のことだまは、「幸」を与えるという働きです。

まず人に「幸」を与えることで、
自分が「幸」を受け取るという働きを持ちます。
また、「さ」は「風の言霊」と言われ、
「颯爽」とさわやかに、フットワーク軽く動くことがとが大切です。
「さっさ」「颯爽」「早速」など、「さ」は早い動きの中でこそ、
ことだまの働きが活性化するからです。
※出典「人生が100倍楽しくなる名前セラピー」
(山下弘司+ひすいこたろう)より
http://www.sachi-ya.jp/csc/a/kotodama.html

なんだか、とっても神秘的ですね。
古来から考えられてきた、日本人の知恵に感動したエピソードです。

ことだま、っていうものが本当にあるのかどうかは
僕には断言できないのですが、

言葉に力がある、というのは何度も感じたことがあります。
だから、最近買ってみて読んだのでシェアさせて頂きました。

ほんと、家族でも友人でも仕事仲間でも誘って、
週末あたりにプチお花見でもいいから、してみようかな。

晴れるといいな。

■■■さん、
最近読んだ本や、お花見した感想やエピソードなどあれば、
ぜひ教えて下さいねー。^^
幸家の、野村でした。m(_ _)m
(前回お届けした桜の語源についての話、ここまで)----↑↑↑

※あなたのお便り、待ってます。^^

「幸家お得意さま通信」では、読者さんのお便りを待っています。
ラジオ番組に投稿するつもりで、お気軽にお便りお寄せ下さい。
(それほど大げさじゃないですが(笑))

お便りを送るのは、簡単です。
お手元に届いたこのメールに返信して頂くだけで、野村に届きます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
疑問・質問、「おいしい!」の声、近況報告、身の回りのこと…。
何でも結構です。

何なら、幸家や幸家商品に関係ないことでもOKです(笑)。
「お得意さまのことを、もっと知りたいな~」という想いがあります。^^

■■■さんのお便り、お待ちしています。

こちらにメール頂いても届きますよ♪ mm@sachi-ya.jp
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■さん、

メルマガ執筆担当の、幸家の野村です。
先輩に対する、失敗談の話。

ぼく、本来は勉強熱心なのに(まだ言ってる^^;)
おっちょこちょいな、失敗をしちゃいました。
先日、幸家の先輩に

『先輩のネクタイ、かっこいいですね。馬子にも衣装って感じで』
と言ってしまいったんです…(滝汗)。
私としては最大限、お世辞、あ!違います。

えと、あの、先輩を、ほ、褒めたつもりだったのですが…。
馬子にも衣装はそういう意味ではなかったのですね。
勉強熱心なはずなのに、勉強不足でした。

そんな失敗を自然にしちゃうので、
自分でもおっちょこちょいだと思います。
時間も大事にして、自分自身の精進も大事にするぞ~。おー!

※■■■さんは、
何か失敗談、ありますか?

「わたし、こんな失敗しちゃったよ~」みたいなのがあれば、
ぜひ、聞かせてくださいね! 聞きたいです。

おっちょこちょいは自分だけじゃない!と
思いたいだけかもしれないですが(笑)。

2014年04月03日  Category:メルマガバックナンバー

なぜ桜は「さくら」と読むのか? ※取り組みネタとお花見ネタ

桜前線、来てますね。(地域によって外れていたらすみません。^^;)
福井県はいま、ちょうど花盛りなかんじです。

テレビのニュースのみならず、
フェイスブックやTwitter、ブログなどのインターネット関連でも
桜や花見の写真で、とても賑わっています。

幸家でも時間を見つけて、花見やりたいですねえ。
よし、社内でちょっと企画してみようかな。

続きは、編集後記にて。
きょうも、幸家の思いに繋がるエピソードを。
お届けさせて頂きます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
幸家は、開発途上国に10000食分の学校給食を寄付できました。(後編)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■さん、
前回お届けしたTFT。
テーブル・フォー・ツープログラムについて続きを書きます。
前回紹介した新聞記事。
2011年頃、この取り組みを始めたころの記事続きを引用しますと…。
------------------------------

TFTプログラムは、特定非営利活動法人「テーブル・フォー・
ツー・インターナショナル」が推進する活動の一貫。

生活習慣病などを改善するヘルシーメニューの代金の一部を
途上国に寄付することで、世界の食の不均衡を同時に解消
することを目指している。

対象メニュー1食の売り上げのうち、開発途上国の学校給食
1食分に当たる20円を寄付する仕組み。
すでに全国の大手企業や大学、行政などが多数参加しており、
支援の輪が広がっている。

幸伸食品(※幸家運営会社)は同法人の活動方針に共感し、
同社の豆腐創作料理専門店「幸家」(永平寺町京善)の
セットメニュー「せせらぎ御膳」を対象とした。

ごま豆腐や湯葉、季節の野菜を使った品数豊富なメニューで、
1食800キロカロリーとヘルシー。価格は従来通り
1680円で据え置き、20円の寄付金は同社が負担する。
寄付金は、同法人を通じて南アフリカなど開発途上国に送る。

久保透専務は「『人の役に立ちたい』という消費者の願いを、
企業が応援して実現する時代になった。県内でもっと
TFT活動が広がってほしい」と話している。
同メニューの販売時間は午前10時から午後2時半。

http://www.sachi-ya.jp/csc/a/tft-sachiya.html ※新聞記事の画像

------------------------------
この記事が新聞に掲載されてから2年あまり。

1食1食を積み上げ、2013年8月には累計10000食分の
学校給食をお届けすることができました。(やった!パチパチ!)
最初は、これだけ積み上げることができるとは正直、
考えておりませんでした。

できることを、できる分だけやっていこうという一心で
始めたものだったからです。

『料理はゆたかな心より育ち 豊かな心の人が味わう」

という言葉を、幸家は掲げております。

社会貢献活動にも積極的に参加し、
ゆたかな心をもって料理をお届けしたいと考えております。
※前回分を読んでない方のために。^^

(前回お届けした前編、ここから)----↓↓↓
■■■さん、
TFTって、ご存知でしょうか。

ご存じない方もおられると思いますので、
幸家がこのTFT関連で新聞に取り上げて頂いた
新聞記事から紹介いたします。
2011年頃、この取り組みを始めたころの新聞記事です。
------------------------------

ごま豆腐など食品製造販売の
幸伸食品(本社永平寺町諏訪間、久保博志社長)は

今月から、開発途上国の飢餓など
世界の食料問題解決に貢献する
「テーブル・フォー・ツー(TFT)プログラム」に
県内企業で初めて参加。

同社直営料理店(注:幸家のことです)で提供する
ヘルシーメニューの売上の一部を寄付する
取り組みを始めた。

同社は「お客さまに社の思いを知ってもらい、社会貢献につなげたい」
としている。

http://www.sachi-ya.jp/csc/a/tft-sachiya.html ※新聞記事の画像

------------------------------
記事にあるとおり…、

TFT(=テーブル・フォー・ツー)プログラムとは、
開発途上国の飢餓など世界の食糧問題に
取り組んでいるプログラムです。
その活動や理念に共感し、幸家は取り組みを始めました。

具体的にはまた詳しくご紹介させて頂きますが、
2013年8月に、10000食分の学校給食を
TFTを通じて寄付することができております。
食のありがたさを尊び、きょうもご飯が頂けることに感謝する。
そういう心持ちが、われわれ幸家が食をお届けする原点です。
(前回お届けした前編、ここまで)----↑↑↑
※お得意さまである■■■さんには
これからも芯をぶらさずに、幸家の想いをお伝えしたいです。
このコーナーは特に、暑苦しい想いもあるかもしれません(笑)。
お客さまと同じ方向を向いて、長く歩んで参る所存です。
どうぞ、末永くよろしくお願いします。m(_ _)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■さん、

メルマガ執筆担当の、幸家の野村です。

僕の家の前は、いま、桜が満開ですが、

「なぜ桜はさくらと読むのか?」

って知ってました?

このことに関して、最近読んだ

「人生が100倍楽しくなる名前セラピー」という本の中
で、こう触れていましたので、ちょっと紹介しますね。
——————–

50音にはひとつひとつ意味があるとお伝えしましたが、
たとえば「さくら」の「さ」は「幸(さち)」を表します。
古来、日本人は「幸」をもたらす神様が山にいると考えていました。
今でも山の上に神様を祀っているところが多いのは、
そういう理由からです。

その神様が、春になったら山から里に降りてきて、
秋の収穫まで里にいると考えていたのです。
その神様のことを「サの神」「サ神」と呼びました。
そんな「サの神」が山から里に降りてくるのを教えてくれるのが、
「さくら」だったのです。

桜が咲く=「サの神」が里に降りてきた、ということです。
そして、「幸」を運ぶ「サの神」が降りてきたことを
喜ぶ行事がお花見です。
お花見はもともと「神事」だったのです。

「サの神」が里に降りてきてくれたことへの感謝や、
今後受け取るであろう恵み(収穫)に感謝するための儀式でした。

「サの神」が降りてくる道を「さか(坂)」、
その他にも「さかな(肴)」「さら(皿)」など、
お花見にまつわるものには「さ」の言葉を使うものが多いことが、
それを裏づけています。
「さ」は「さっさ」「さっそく」など、
早い動きを意味することだまです。

そして「け」は食べものを示します。
(あさげ、ゆうげというのもその名残です)

つまり、すぐに幸せになる食べもの、
それを「さけ(酒)」と日本人は表現したのです。
また、桜の花はなぜあんなにも早く散るのでしょう?

「サの神」は、みんなにわけるために持ってきた「幸」を
いったん桜の花びらに閉じ込めたのです。

その一枚一枚に。

ですから、桜のそれぞれの花びらには
幸せがギューッと詰まっていると日本人はとらえたのです。
そして、その幸せは、桜が散ることで一斉にあたりに振りまかれます。
みんなに幸せを届けるために、桜は早く散る必要があったのです。

みんなにその幸せを届けるために散り急ぐ。
早く早くみんなに幸せをわけたいから。それが桜なのです。
以上のことから、さちこさんや、さゆりさんなど、
「さ」の名前のことだまは、「幸」を与えるという働きです。

まず人に「幸」を与えることで、
自分が「幸」を受け取るという働きを持ちます。
また、「さ」は「風の言霊」と言われ、
「颯爽」とさわやかに、フットワーク軽く動くことがとが大切です。
「さっさ」「颯爽」「早速」など、「さ」は早い動きの中でこそ、
ことだまの働きが活性化するからです。
※出典「人生が100倍楽しくなる名前セラピー」
(山下弘司+ひすいこたろう)より
http://www.sachi-ya.jp/csc/a/kotodama.html

なんだか、とっても神秘的ですね。
古来から考えられてきた、日本人の知恵に感動したエピソードです。

ことだま、っていうものが本当にあるのかどうかは
僕には断言できないのですが、

言葉に力がある、というのは何度も感じたことがあります。
だから、最近買ってみて読んだのでシェアさせて頂きました。

ほんと、家族でも友人でも仕事仲間でも誘って、
週末あたりにプチお花見でもいいから、してみようかな。

晴れるといいな。

■■■さん、
最近読んだ本や、お花見した感想やエピソードなどあれば、
ぜひ教えて下さいねー。^^
幸家の、野村でした。m(_ _)m

※当メルマガにそのまま返信すると、野村にメールが届きます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お気づきのこと、ご自身の身の回りのこと、コーナーへのお便り、
幸家について、幸家商品について、そのほか何でもお寄せ下さい。

あなたからのお便りが、励みになります。
心からお待ちしております。(*^^*)

こちらにメール頂いても届きますよ♪ mm@sachi-ya.jp

  • ごまどうふ
  • ギフトセット
  • 豆腐
  • 豆腐創作料理
  • スイーツ
  • その他

定期購入

ご利用案内  ― 購入手続方法 ―

■お支払いについて

お支払いは以下の方法がご選択いただけます。

支払い方法

詳しくはこちら>>

■個人情報について

お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、 裁判所・警察機関等・公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

■お支払いについて

銀行振込・コンビニ決済の場合、ご入金確認日の翌営業日から3営業日以内に発送いたします。
カード・代引決済の場合、ご注文日の翌営業日から3営業日以内に発送いたします。

※大雪、台風などの天候状況により、運送に遅れが生じる可能性がございます。
遅れの状況は、発送連絡メールの伝票番号を使って運送会社にお問い合せ頂くか、当店までお問い合わせください。

■返品交換について

お届けの商品がご注文の商品と異なった場合、商品到着から2営業日以内にメールにてご連絡ください。
送料弊社負担にてすみやかにお取り替えいたします。
ご返金にて対応させていただく場合、対応決定から2営業日以内にご指定の口座へ返金させていただきます。

詳しくはこちら>>

■配送料について

送料は都道府県別に設定しております。
10,000円以上お買い上げで送料無料!

詳しくはこちら>>

■納期について

ヤマト運輸でお届けします。
ご指定時間帯に配達するよう運送会社に指示いたします。

ページの上に戻る