新着情報

2013年11月01日  Category:新着情報 , スタッフブログ

典座教訓に学ぶ幸家の精進料理

永平寺は寛元2年(1244年)に、道元禅師によって開創された禅の修行道場です。 道元禅師は「天井天下、当処永平」と言われ、以下の事を祈念したといわれています。 「日本での仏教相伝の開創地として、永平寺こそはその法灯を絶やさず永遠に不変であるように。仏教が広くいきわたりその所々が仏教の加護により、とこしえに平安であるように。」 そんな信念を持った道元禅師は中国での修行の中で、日常の行い自体がすでに修行であるという修行の本質を知り、特に「食」を重視されました。 長い年月の間、修行をすることを考えると、修行するためには健康でいなければなりません。 健康でいるためには、普段から先の事を考えて食事をとっていく事が大事です。 体を悪くしてからでは遅いのです。 厳しい修行の中で肉・魚を食べる事を禁じられた修行僧たちの不足がちな栄養を補うために、精進料理は生まれ、発展しました。

◆典座(てんぞ)とは? 永平寺では、食事をつくる人を典座(てんぞ)といいます。 仏である修行僧に食をあたえることは、すなわち「供養」であり、食づくりは最も尊いものとされているため、典座には修行経験が長く、篤実温厚な人物が任命される場合が多く、重要な役職なのです。
◆典座教訓(てんぞきょうくん)とは? 道元禅師は、永平寺の典座が守るべき規則を、典座教訓という本にまとめ、書き残しています。 書かれている内容は、料理の味付けなどの具体的なレシピや方法ではなく、もっと根本的な、食材を調理するにあたっての心構えが中心です。 例えば、、、 ◎食材の尊い命を頂いて調理するという自覚を忘れてはいけない。 ◎良い材料が無いといって手を抜いてはいけないし、逆に良い材料だからといって張り切ってもいけない。 ◎たとえ道端の草しか材料がないときでも、工夫をこらして心を込めて調理しなくてはいけない。 ◎整理整頓を心がけ、道具を大切にしなければならない。 ◎自己満足の料理ではなく、食べる人の立場に立って作らなければならない。 精進料理とは、仏様や修行僧をおもてなしする特別な料理です。 だからこそ作る食材に感謝し、相手の事を思い、調理の手間をおしまない心が重要なのです。◆日本の食文化の経典 道元禅師が築いた食の哲学をもとに精進料理が発展し、やがてそれが懐石料理などの日本料理の大系へと展開。 また、千利休の茶道をはじめとする様々な食領域に影響を及ぼしていきます。 普段、私たちが何気なく、食事の前後にする「いただきます」や「ごちそうさま」のルーツも、実は典座教訓に帰着するのだとか・・・・

new1000お試し精進だし 7hin20130618すこやか精進料理詰合せ sirokuromacchaごまどうふ白黒抹茶

 

  • ごまどうふ
  • ギフトセット
  • 豆腐
  • 豆腐創作料理
  • スイーツ
  • その他

定期購入

ご利用案内  ― 購入手続方法 ―

■お支払いについて

お支払いは以下の方法がご選択いただけます。

支払い方法

詳しくはこちら>>

■個人情報について

お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、 裁判所・警察機関等・公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

■お支払いについて

銀行振込・コンビニ決済の場合、ご入金確認日の翌営業日から3営業日以内に発送いたします。
カード・代引決済の場合、ご注文日の翌営業日から3営業日以内に発送いたします。

※大雪、台風などの天候状況により、運送に遅れが生じる可能性がございます。
遅れの状況は、発送連絡メールの伝票番号を使って運送会社にお問い合せ頂くか、当店までお問い合わせください。

■返品交換について

お届けの商品がご注文の商品と異なった場合、商品到着から2営業日以内にメールにてご連絡ください。
送料弊社負担にてすみやかにお取り替えいたします。
ご返金にて対応させていただく場合、対応決定から2営業日以内にご指定の口座へ返金させていただきます。

詳しくはこちら>>

■配送料について

送料は都道府県別に設定しております。
10,000円以上お買い上げで送料無料!

詳しくはこちら>>

■納期について

ヤマト運輸でお届けします。
ご指定時間帯に配達するよう運送会社に指示いたします。

ページの上に戻る